調布市の注文住宅・間取りプランなら五十嵐惣一工務店:世田谷区・府中市 の トップページへ戻る


〜聞き手〜
限定連載コラム8回目「立地条件を確認する」です。

 
〜五十嵐〜
宜しく御願いします。

 
〜聞き手〜
「敷地の立地条件」ということですが。


〜五十嵐〜
住まいの立地条件を確認する、ということは敷地の持つ特性や住宅用途の規制のある土地の見方を考える、ということです。


〜聞き手〜
なるほど。


〜五十嵐〜
以前、土地の探し方という回の時には住み方、スタイルで話をしましたが、今回は土地そのものの特性からの視点で提案させてください。


〜聞き手〜
では御願いします。


〜五十嵐〜
今年は東日本の震災での地震や津波以外にも大きな台風や大雨などの被害もありましたね。住宅を建てるための土地の立地条件も大切な要素だと考えられる方も多くなって来ていると思われます。

現実に地域の特性によっては、比較的危険な土地に住宅を建てざるを得ない場合もあります。ですので、一概に言えないかもしれませんが、自然災害に対する備えは行政(役所など)の指導だけではなく伝承されてきた建物の造り方にも意味はあると思います。


〜聞き手〜
なるほど。
確かに津波に対する言い伝えを守った地域は被害が少なかったり防風林が役立ったという話も聞きました。


〜五十嵐〜
地域に根ざした工務店ならではの建物の考え方も参考にその土地の特性を生かした防災対策として建物の造り方も改めて見直すべきだと思います。

例えば、台風の直撃を受ける地域などは瓦を重くして屋根の損傷を少なくしてきましたが最近の屋根は地震対策のために屋根材を軽くした方が揺れには効果があるという考え方も加味して軽い瓦を釘止めしたり、スレートや鋼鈑等軽量屋根材が多く使われるようになってきています。


〜聞き手〜
特に東京での地域性といいますと何かありますか?


〜五十嵐〜
先ずは道路の狭いいわゆる(狭隘道路)に隣接する土地も非常に多いので耐震性能はもちろんのこと、防火性能や防犯性能さらには避難の仕方まで考えての設計や施工が求められます。

 
〜聞き手〜
なるほど他にもありますか?


〜五十嵐〜
東京でよく聞くのは、地盤調査の結果、脆弱地盤として地盤補強工事をするケースが以前より特に増えている現状がありますが地盤改良を適切に無駄なく行えるように地盤調査結果は慎重に見直し、必要であればスェーデン式サウンディング工法だけではなく超音波探査法も併用するなどで確認することもできます。
また地盤の補強法も地盤の表層改良や柱状改良法、鋼管杭、砕石地業や天然砕石パイルなどもあり検討すべきことは多いのですが要は住まいを建てるお施主様も地盤にも注意を向けていただく必要もあると思います。


〜聞き手〜
なるほど


〜五十嵐〜
傾斜地も多いと思いますが例えば造成済みの傾斜地を購入されたとしてもいざ建物を建てようとしたら、造成された擁壁、土留めの強度を確認しなくては建築許可が下りない。
あるいは最悪の場合、造成しなおす必要が出る事もあります。


〜聞き手〜
とはいえ素人ではなかなか判断できないですよね?


〜五十嵐〜
土地を売買する不動産屋さんも建物や構造のプロではありませんので、やはり判断は簡単ではありませんが行政(役所など)に判断を仰ぐケースもありますのでぜひ確認いただきたいと思います。


〜聞き手〜
なるほど


〜五十嵐〜
お安い土地であっても造成費用が多く掛かってしまっては、却って高いものになってしまいます。
そして安心して住み継いでいって頂く為にも土地選びの際には、工務店を利用してください。(笑)
建物作りは土地の特性から始まるべきなのでしょう。
当社に限らず是非ともそういうことを良く理解してアドバイスをしてくれる工務店を選んでいただきたいと思います。


〜聞き手〜
ありがとうございました。


〜五十嵐〜
ありがとうございました。


※(聞き手、ライター:ロズブーム@rozeboom.jp)
資料請求お問合せ
〜聞き手〜
限定連載コラム7回目「建物について」です。


〜五十嵐〜
宜しく御願いします。


〜聞き手〜
前回はライフスタイルや土地選びが中心でしたが、、、前回から今回まで、少し間があいてしまいましたね。(笑)


〜五十嵐〜
実は震災以降、当社で建てられたお住まいや近隣の皆様の住宅などへ家具の転倒防止や耐震に向けた金物の取り付けなど、地震対策を進めておりました。
震災直後に宮城県へ被害状況の確認に行った社員もおりますので、いろいろ当社としての取り組み方も考えていました。


〜聞き手〜
そうでしたか。


〜五十嵐〜
そこで今回は建物そのものの構造などについて踏み込んでみようと思います。
前回が土地選びでしたので、今回からは実際の建物についてふれてゆきます。


〜聞き手〜
なるほど。さて、建物の構造とは、木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造だったりという、そういった素材の種類や組み立てる工法についてのことですね?


〜五十嵐〜
そうです。ですがご存知の通り、構造と一言で言っても多種多様なものが存在しますので日本の住宅の構造のなかで一番多く造られている「木造」の軸組工法について説明したいと思います。


〜聞き手〜
早速で申し訳ないのですが木造と聞きますとどうしても鉄骨よりも弱い印象がありますが。


〜五十嵐〜
一般的には木造が鉄やコンクリートよりも弱いというイメージはあります。
ですが実はそうとも言い切れないデータもあります。
たとえば重力比による比較ですが木材の比強度は鉄やコンクリートよりも高いという調査結果もあります。
(旧建設省監修、(財)日本住宅木造技術センター
http://www.howtec.or.jp/ における比較実験)
その最大の理由は木材の靭性にあり木材の持つ繊維層の粘性によるものと言われています。


〜聞き手〜
そうですか、興味深い結果ですね。つまり木の柔軟性による粘りがある、ということですよね。

 
〜五十嵐〜
更に驚かれるかもしれませんが、実は木材は鉄よりも火災に強い素材です。
火事の現場の映像などをご覧になった経験があるかと思いますが、全焼したといわれても、その場所にそのまま骨組みが残って、真っ黒に炭化した姿で建っているという姿に気がつかれたと思います。


〜聞き手〜
あぁ、ありますね。
サッシも無くなっていて真っ黒な部屋になっていたり、柱と梁だけが残っていたりという印象ですが。


〜五十嵐〜
木材は炭化することによって皮膜を作り芯まで燃えることを防ぐ傾向を持つ素材です。
また逆に印象的だったものが911の米国貿易センタービルの崩落ですね。
あれは鉄骨というものが約600度の熱に20分晒されると融解するという性質によるものです。


〜聞き手〜
なるほど、それは確かに驚くべき現象ですね。


〜五十嵐〜
構造や工法といったものに関わらず、先ず全般的にいえることは、構造や工法にも適材適所があると言うことだと思います。 例えば、気候風土であったり、天災などの災害が多い地域である場合などは構造自体の考え方も変わってきます。古い建物やメンテナンスの行き届いていない建物における被害の多さ、あるいは構造や工法が違う建物において、それぞれの構造や工法なりの特性が反映した結果が出てくるということです。

今回の津波も、あの被災地であるべき建物はどんなものなのか?と今一度、再確認すべきだと思います。また構造の差によって価格にも大きな差がありますので、限られた現実の予算では実現不可能な場合も出てきてしまいます。その他にも地域性や土地の条件による制約は住宅の目的によっても構造選びは大切な要素になってきます。さらにはそれらに併せて住み心地の面からも考えなければなりません。

何よりも大切なのは快適で癒しのある空間にする為にも構造の特性とともに住む人にとっての心地よさそれらも考える必要があるかと思っております。


〜聞き手〜
なるほど、ありがとうございました。


〜五十嵐〜
ありがとうございました。


(聞き手、ライター:ロズブーム@rozeboom.jp)
資料請求お問合せ
〜聞き手〜
限定連載コラム6回目「土地の探し方」です。

 
〜五十嵐〜
宜しくお願いします。

 
〜聞き手〜
前回はライフスタイルに合わせた住宅を、という話でした。

 
〜五十嵐〜
はい、そうでした。
ご自分のライフスタイルに合わせた家、間取りなどを考えて、それを載せるための土地をさがしましょう、という提案でした。

 
〜聞き手〜
では早速、今回の「土地の探し方」について御願いします。

 
〜五十嵐〜
ご自分のライフスタイルに合った土地探しといっても簡単ではなく、出物というのも滅多にはありません。ただ土地の情報を集めていくことでご自分の中で将来永く住み続けられる土地に対する必要条件が整理されてくるといったこともあり、家づくりの一歩が進んだことになるのではないでしょうか?
 
自分に合った土地探しといった点では、利便性は第一条件としても予算に合わせるためにはどの地域になるのか、駅から遠いか近いかで駐車場や駐輪場のスペースの確保、また形状や方位によってプランも変わってくるので注意が必要です。

 
〜聞き手〜
賃貸に比べて情報量が少ないので、分譲の土地となりますと、選択肢も少なくなり難しそうですが。

 
〜五十嵐〜
賃貸に比べると絶対数が少ない中でご自分と家族が永く住み続ける場所を探すのですから非常に難しいのも確かですね。ですがある意味では生涯の伴侶を見つけることにも似て新しいか、以前から知っているか、は判りませんが、出会いが待っているかも知れません。(笑)だからこそ、慎重且つ大胆な決断も時には必要ですしより永く住むための工夫なども大事です。

 
〜聞き手〜
なるほど、では具体的にはどんな有効策、ノウハウがありますか?

 
〜五十嵐〜
すべての土地が正方形に近く整っているわけではありませんのでその土地の形を生かせるようなプランも必要な場合もあります。例えば、旗竿型の土地であった場合でも道に面したところにガレージ、その奥に門扉という造りだと訪問販売や新聞の勧誘なども減る傾向にあります。

 
〜聞き手〜
なるほど。

 
〜五十嵐〜
他にも、旗竿地は容積率、建ぺい率を稼ぐことが出来ます。敷地全体にたいしての容積率と建ぺい率ですので、敷地延長分の割合を、そのまま纏めることが出来ます。
ですので、通常の正方形に建てるよりも大きな建物に出来ます。日当たりや、お隣との距離を考えたプランも考えられます。

 
〜聞き手〜
そういえば、分譲住宅でも細長くするのではなく、旗竿地にして販売するところも増えましたね。

 
〜五十嵐〜
そうですね。
御宅の敷地延長分をお隣の敷地延長分を隣接させることで更に日当たりや解放感などその恩恵も大きく得ることが出来ますので。

 
〜聞き手〜
他にも何か知恵で乗り切れるケースはありますか?

 
〜五十嵐〜
高低差のある土地も程度によっては上手に活用できます。道路より80cm〜1cm程度の低い敷地でしたら造成するのではなく基礎を深く、高く作ってしまうのです。造成の手間が掛からない分だけ、費用を抑えて建てることが出来ます。
 
また、深くなった基礎の部分は、たっぷりとした収納スペースにもなります。
設置している道路によっては思い切って、2階に玄関を設置しても良いかもしれませんね。

 
〜聞き手〜
なるほど。注文住宅の工務店ならではのアイディアですね。

 
〜五十嵐〜
これは工務店の施工におけるノウハウではないのですが、北側道路も、嫌われる土地だったりしますね。ですが、日当たりに関する斜線も容易にクリアできますので、場合によっては小屋裏なども広く取れる設計が出来ます。あるいは、そういう土地でも、北側に寄せて建てることで南側にプライバシーと日当たりを確保した庭や、リビングを確保することが出来ます。

 
〜聞き手〜
なるほど

 
〜五十嵐〜
これらは、ある程度知られているノウハウですが、実際には簡単に判断しかねる物でもあります。不動産屋さんに上記のノウハウで「大丈夫ですよ」と言われて購入しても、実際に設計してみたら、ギリギリ無理だったりする事も当然あります。旗竿地の敷地隣接部分に車庫を作るとしても敷地延長部分の幅員によっては 屋根の柱の太さや、積雪が隣家に落ちないようにする配慮なども必要です。これなら車が置けると、幅だけで簡単に判断するのは禁物です。他にも同じようなことは幾らでもありますので。

 
〜聞き手〜
あー、始まってから気がつく点も多そうですね。

 
〜五十嵐〜
前回と同じ話になってしまいますがやはり土地を購入する際には、是非、事前に工務店にご相談いただければ、と思います。無理ならば無理と伝えしますし、少しでも快適な住まい作りのホームドクターとして、きっとお役に立てると思いますので。

 
〜聞き手〜
勉強になりました、有難うございました。

 
〜五十嵐〜
有難うございました。

 
※(聞き手、ライター:ロズブーム@rozeboom.jp)
資料請求お問合せ