調布市の注文住宅・間取りプランなら五十嵐惣一工務店:世田谷区・府中市 の トップページへ戻る


ZEH(ゼッチ)とは?

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略
ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。


ZEH(ゼッチ):省エネ省エネルギー
断熱性の高い外壁材などで住まいの断熱性をあげたり、省エネ性能の高い給湯システムを導入して消費するエネルギーを減らすことなど。


ZEH(ゼッチ):省エネ創エネルギー
太陽光発電システムを設置したり、創出した電力を蓄電池システムによって効率的に使うなど。


ZEH(ゼッチ)

※狭小住宅などで、充分な太陽光発電システムの設置ができない場合の措置として、年間の消費一次エネルギー量を限りなくゼロに近づけた、Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)も定義されています。


国がZEH(ゼッチ)を推進。
平成28年度にZEHビルダーを登録、補助金制度で支援しています

国がZEH(ゼッチ)を推進

政府は、2014年4月に閣議決定した『エネルギー基本計画』の中で、2020年には標準的な新築住宅を、ZEH(ゼッチ)とすることを目標に掲げました。

この目標を達成するため経済産業省は、自社が受注する住宅のうち、ZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合を2020年までに50%以上とする事業目標を掲げる事業者を『ZEHビルダー』として公募。認定した『ZEHビルダー』には補助金を交付する取り組みを始めました。

ZEHを推し進めることで、月々の光熱費を抑えることにつながり、ひいてはお施主様の豊かな暮らしを支えられるとの考えから、五十嵐惣一工務店はこの事業に賛同し、『ZEHビルダー』に応募いたします。

※2016年4月27日現在、五十嵐惣一工務店は、現在「ZEHビルダー」への応募準備中をすすめております。
認定されましたら、ホームページでご報告いたします。

平成28年度補助金情報

補助金額一律125万円
補助対象住宅自ら居住する戸建て専用住宅
※賃貸併用住宅の場合は、条件を満たした自宅部分のみが対象となりますので、注意が必要です。
公募期間一次公募:平成28年4月28日(木)〜平成28年5月20日(金)17時必着
二次公募:平成28年5月23日(月)〜平成28年6月10日(金)17時必着
三次公募:平成28年6月13日(月)〜平成28年7月 1日(金)17時必着
四次公募:平成28年7月 4日(月)〜平成28年7月22日(金)17時必着
五次公募:平成28年7月25日(月)〜平成28年8月12日(金)17時必着
六次公募:平成28年8月15日(月)〜平成28年9月 2日(金)17時必着
交付決定一次公募:平成28年6月下旬(予定)
二次公募:平成28年7月中旬(予定)
三次公募:平成28年8月上旬(予定)
四次公募:平成28年8月下旬(予定)
五次公募:平成28年9月中旬(予定)
六次公募:平成28年9月下旬(予定)
※申請が集中した場合等は交付決定が遅れる場合があります。
事業期間一次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後〜平成28年10月28日(金)
二次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後〜平成28年11月18日(金)(予定)
三次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後〜平成28年12月 9日(金)(予定)
四次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後〜平成28年12月30日(金)(予定)
五次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後〜平成29年 1月13日(金)(予定)
六次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後〜平成29年 1月20日(金)(予定)
補助金申込み
までの流れ
補助金申込みまでには、窓の大きさや位置、ZEHに必要な設備仕様(エアコン、給湯・換気設備、太陽光発電システムなど)の機種や設置位置についても決定する必要があります。
補助金申込み後の
家づくりスケジュール
建物工事は交付決定後に着手する必要があります。
また、事業期間内に建物が完成し、引渡しが完了している必要があります。
※上記補助金やスケジュールは、2016年4月6日時点の内容です。
※2016年4月27日現在、五十嵐惣一工務店は、現在「ZEHビルダー」への応募準備中をすすめております。
認定されましたら、ホームページでご報告いたします。

五十嵐惣一工務店のZEH事業計画

今後のZEH普及率目標 ※Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)含む

平成28年度平成29年度平成30年度平成31年度平成32年度
10%20%30%40%50%

五十嵐惣一工務店はこの計画目標達成するために、次の3つ具体策を掲げて、新築住宅のZEH化を進めることによって、お客様の暮らしやすさをサポートしていきます。



ZEHの周知・普及に向けた具体策
認定長期優良住宅をベースに、各部位に於ける躯体や外皮の断熱性能等を大幅に向上させ、合わせて高効率な設備システム等の導入により、 良質な室内環境を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現し、地域社会にあった住宅の提案をします。

ZEHのコストダウンに向けた具体策
オーバースペックにならないよう留意しながら、安全・品質・工程・原価管理の全体に渡りコスト削減に努めます。

その他の取り組みなど
気候・風土・街並景観に配慮しながら、健康生活への意義を説明、認知向上に役立つ活動を展開します。




ZEHに関するご相談はありませんか。
資料請求お問合せ